Jan 23, 2005

ニューイヤーコンサート

今日はちょっと息抜き。

地元の公民館の小さな講堂で行なわれた、
群馬シティフィルハーモニーオーケストラのニューイヤーコンサートに行ってきました。

演奏が始まって ふと 気付くと
フルートパートの方の中に、見覚えのある顔が・・・
あ~!!高橋先生だ。
私が中学の時に大好きだった、生物・科学の先生で
また私が所属していた吹奏楽部の顧問の先生でもありました。
その当時からフルートを吹く姿を時々見かけましたが、
まだ吹いていたんですね~。いやー吃驚しました。
演奏している姿をじっと見ていると、こうゆう形で再会できたことを
嬉しく思い、なんだかジ~ンと涙ぐんでしまいました。
ほんとに好きだったんですよぉ、 (いや変な意味じゃなくて)
面白い先生で、授業も毎回楽しみにしていました。
で、生物・科学の担当でもあるにも関わらず、フルートも吹く音楽家で
そのギャップも良かったのです。
私がフルートへの憧れをいただいたのも
この先生の姿を見ていたからかもしれません。
なんとなく、この先生を見るとMr.ビーンを思い出してしまうの
です。
容姿はともかくとしてコミカルなところが似ているのかもしれません。

おっと、ついつい嬉しくて演奏について書くのを忘れていました。
演奏もとっても良かったですよ。
何が良かったって、曲を演奏する前に
その曲について指揮者の方が面白可笑しくエピソードなどを語ってくれるのです。
だから、すごくアットホームな雰囲気で演奏者と観客との距離感が感じられなかったのが良かったですね。
演奏している方たちは本当に音楽が好きで、
自分達の演奏を聞いて貰うことが何よりの快感だとおっしゃってました。
そんな気持ちが良く伝わってきました。
とってもいい演奏を聞かせて頂きました。ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)