« 嬉しいお便り | Main | 発売日決定! »

Jul 21, 2006

アパレル合同展示会

今日まで開催されていた、インターナショナル ファッション フェアに行ってきました。
ディスプレイや商品の傾向など色々参考になればと思い、以前からとても楽しみにしていました。

ここでのお客さんは一般ではなく、アパレル関係のバイヤーさんやその関係者ばかり。約600社のアパレル関係のブランドやが集まり、それぞれの宣伝に、販路拡大にと思考を凝らしたブースが立ち並んでいました。皆ブースは凝っていてまるで一つ一つのブースがお店のよう。手作り系のイベントとは違い、とても華やかで高級感のある雰囲気です。

商品的には、カジュアルラインの帽子のブース、様々なアイテムを扱うセレクトショップなどは多くのバイヤーが注目しているようでした。
それから、私も注目していたクリエータービレッジのゾーンには、個人ブランドが集まり
小さなブースながらも自ら作った作品を展示していました。
このあたりのブースは商品的にも面白く、おお?!と思わせるようなものもありました。アンティーク時計の部品をモチーフにしたアクセサリー、個人的に欲しいと思ってしまいました。

和モノを展開しているブースも何箇所かあったのですが・・・
なぜかじっくり見る気にもなりませんでした。
自分で和モノを扱っていてなんなのですが、飽きてしまうのです。
なぜなんでしょう・・・そういえば自分がこの凛のブランドを立ち上げた時は
他の和モノも気になり目を向けていたのですが
ここ最近はそういったもの、(特に布小物やバッグなど)には殆ど目を向けなくなりました。もちろん刺激を受けるような奇抜なデザインだったり、他とは何か違っているな、新しいなと感じれば興味もそそられるのですが。

そこで感じたのが、自分の作品もそう思われているのではないか・・ということ。
正直、ちょっと焦りました。
例えば自分がこのイベントに参加したとします。
その中でバイヤーさんたちにおお?!と思わせることが果たして出来るのか
それとも、「また和モノか」と他の和モノと同じに 立ち去られてしまうのか
もしかしたら、見てももらえないような状況にあるのかもしれない。

幾ら自分の作った作品が他とは違う、と自分では思っていたとしても
他の目にはどう映るのか、客観的に見ることも大事だということに
今回改めて気付いたような気がします。
自分で物を作っている人にはありがちなのですが、
自己満足・・・これで、終わらせてはいけない。
これから先、目指すものがあるのなら尚更です。

と色々思うことがあったイベントでした。自分にはとてもいい経験になりました。

|

« 嬉しいお便り | Main | 発売日決定! »

Comments

ちょっとさかのぼって読ませて頂きました。
お気持ちスゴォク解ります。

>自己満足・・・これで、終わらせてはいけない。これから先、目指すものがあるのなら尚更

そうなのですよね。同様に更に高みを目指さねばと思う私なのです。自己満足で終わらせない為にも。

Posted by: *mari* | May 24, 2008 at 09:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57247/11050221

Listed below are links to weblogs that reference アパレル合同展示会:

« 嬉しいお便り | Main | 発売日決定! »